NEWS

ズングズングの棚からひとつかみ Vol.3

『名ギタリストのもう一つの顔』

さぁ始まりました!
ズングズングの棚からひとつかみ。
今回も自身のレコード棚から
素敵な選曲をお届けします。

前回はUKレゲエを代表するギタリスト、ジョン・カパイの魅力をご紹介致しました。彼のギター・プレイに心奪われたんじゃないでしょうか?でも彼の魅力はそれだけではありません。今回は彼のもう一つの顔、プロデューサーとしての一面に、迫っていこうと思います。彼についての事は前回色々と書きましたので、長話は置いといて楽曲紹介に参りましょう!

それではジョン・カパイ・プロデュースで棚からひとつかみ!

Brown Sugar / I'm In Love With A Dreadlocks

試聴URL↓
https://dl.dropboxusercontent.com/s/zgzfu97ndsathkd/I%27m%20in%20Love%20With%20A%20Dreadlocks.mp3?dl=0

デニス・ハリスのレーベル『LOVER'S ROCK』からリリースされた記念すべき最初のシングル。後にソウル・Ⅱ・ソウルのボーカルとして活躍したキャロン・ウィーラーや『ARIWA』に数々の名曲を残したコフィーなどが在籍していた事で知られる3人グループ。この曲はジュニア・バイルス『Curley Locks』のアンサー・ソングで作詞もジョン・カパイ(Browne "T")が手掛けている。リリース後、無名の新人でありながら瞬く間にレゲエ・チャート1位に輝いた大ヒット作です。

Brown Sugar / Hello Stranger

試聴URL↓
https://dl.dropboxusercontent.com/s/rmlsen5rncb39wi/Hello%20Stranger.mp3?dl=0

バーバラ・ルイスの名曲を忠実にカヴァー!『私は今でもあなたが好きなのに、ずいぶん長い時間が経ってしまったみたい...』と女性の心情を綴ったセンチな歌。後に『ARIWA』で再録しています。

Afro Connection / African Woman

試聴URL↓
https://dl.dropboxusercontent.com/s/v32amwe12bherno/African%20Woman.mp3?dl=0

オリジナル思考の強い彼の音楽性が、存分に発揮された作品。ラヴァーズ・ロックというより、ディスコ・ミュージック的アプローチの楽曲ですが、このレーベルの良さは損なわれていません。

Cassandra / I'll Never Let You Go Out Of My Life]

試聴URL↓
https://dl.dropboxusercontent.com/s/q2egvglh74lsx75/I%27ll%20Never%20Let%20You%20Go%20Out%20Of%20My%20Life%20.mp3?dl=0

カサンドラの代表曲!哀愁を帯びた幻想的な音の調べ。この曲を聴くとノスタルジックな気持ちになります。B面のダブワイズも渋い。

Cassandra / Love Me Sweeter Tonight

試聴URL↓
https://dl.dropboxusercontent.com/s/9khi8gtudz319ny/Love%20Me%20Sweeter%20Tonight.mp3?dl=0

こちらもカサンドラの代表曲!爽やかで程良い甘さのラヴァーズ・クラシック!若き日のジョン・カパイのギターも素晴らしいです。