NEWS

特攻の拓の一曲入魂 Vol.3

今回は9年ぶりにJAMAICAへ帰ってくるBUJU BANTONの名曲[DISTINY]を紹介したいと思います!!
その前にBUJU BANTONの簡単な経歴やプロフィールをいっときましょか!

★ BUJU BANTONは1973年にジャマイカにて生を授かります。
ゲットーエリアにて生まれ育った彼は苦しい環境で幼少期を過ごした。

★ブジュがマイクを持ち始めたのは12歳で、15歳の時にはあの名曲[Boom Bye Bye]を録音。
この曲はアメリカ合衆国やヨーロッパではこの曲の歌詞に対し拒否反応が起き、後にブジュは公式な謝罪を表明した。

★90年代に入ると、ブジュは活発に活動を行っていきます。
様々な名曲をリリースしており、ブジュと言えば90年代、そんなイメージを持っている人も多いんじゃないでしょうか?

★1992年には[Bogle]と[Love Me Browning]をジャマイカ国内外でヒットさせる。[Love Me Browning]は肌の色が薄い黒人女性を称揚する内容だったため、黒人が人口の約90%を占めるジャマイカ国内ではこれに対し批判が起きた。ブジュはこれに答える形で黒人女性を称える"Love Black Woman"を発表しこの批判をかわした。

★1993年にリリースしたアルバム[Voice Of Jamaica]が大ヒットした事により、ブジュの名前は世界的に有名になります。
このアルバムには海外に移住しながらジャマイカの家族に送金しない者を批判した[Deportees]や、ゲットーエリア間の政治的暴力に対する批判を歌った [Tribal War]のリメイク、コンドームの使用とセーファーセックスを奨励し、AIDSの子供達を援助するという内容の[Willy, Don't Be Silly]など社会問題を扱った楽曲が収録され、商業的にも成功を収めた。
同年、日本にてツアーをしていたブジュは友人であるディージェイの[Pan Head]が射殺された知らせを聞き、[Murder]の歌詞を日本高松で作詞しています。あの名曲は日本で生まれたんがすごいなって思いますね!

★Pan HeadとGarnett Silkの死をキッカケに、ブジュはラスタファリアンへと改宗していき、その後発売されたアルバム[Til Shiloh]では、ラスタの思想を全面に押し出したアルバムになっており、今までのブジュのメロディとは180度違う曲を沢山収録しています。
ダンスホールのリディムよりもアコースティック・ギターを用いた[Untold Stories]、ナイヤビンギドラムを使用した[Til I Laid To Rest]など、ラスタファリ運動の主義に基づきルーツロックレゲエに回帰した楽曲や、ハードコアなダンスホールのリディムに意識的な内容の歌詞を乗せた楽曲を収録し、他のダンスホール系アーティストとの違いを決定付ける作品となった。

★1997年に発表したアルバム[Inna Heights]は前作からのアコースティック路線を継承した[Destiny]や[Hills and Valleys]、さらにBeres Hammondというベテラン・アーティストと共演した楽曲やボブ・マーリーのカバー曲[Small Axe]を配した。そして、このアルバムが大ヒットを記録!
★2000年にはルチアーノ、モーガン・ヘリテッジらをゲストに迎え、アルバム[Unchained Spirit]をエピタフ・レコード傘下のアンタイ・レコードより発表し、初期の彼の代名詞であった激しいダンスホールに乗せたトースティングよりもメローなアプローチを見せた。

★2003年にはヒップホップアーティストのファット・ジョーらをゲストに迎えた[Good Times]、銃社会を批判した[Mr. Nine]をはじめマーカス・ガーベイの演説をサンプリングしたスキットや、ピーター・トッシュ[Mama Africa]のカバーを収録したアルバム[Friends For Life]を発表した。

★2006年にはスライ&ロビー作の[Taxi]リディムに乗せた[Driver A]などを収録し、彼のキャリア初期を彷彿とさせるダンスホールレゲエに立ち返ったアルバム[Too Bad]を発表した。

★2007年にはサード・ワールド 、ベレス・ハモンドと共にクリケット・ワールドカップの開会式でパフォーマンスを行った。

★2008年にはトリニダード・トバゴのソカアーティストであるマシェル・モンターノとのコラボレーション曲 [Wining Season-Remix]を発表した。

★2009年4月21日にはワイクリフ・ジョンらが参加した9枚目のアルバム[Rasta Got Soul]を発表した。
同作は第52回グラミー賞最優秀レゲエアルバム部門にノミネートされた。

★2009年にコカイン取引疑惑で、アメリカに逮捕される。

★2010年にはアルバム Before the Dawn]を発表した。
ブジュは2010年12月に保釈されると、
2011年1月にマイアミで同作のリリースライブを行い、1万人以上の観衆を集めた。
同ライブにはスティーブン・マーリーとダミアン・マーリー、シャギー、ショーン・ポール、DJキャレド、バスタ・ライムスらもゲスト出演した。[Before the Dawn]は2月13日に発表された第53回グラミー賞最優秀レゲエアルバム賞を受賞した。

そんなこんなでかなり長くなってしまいましたが、特攻の1曲いっときましょうか!

There is good and evil
この世には神も悪魔も存在する。
We choose God
俺達は神を選択する。
Why rase of time most high his sons of man
神聖な神の子がなんで破滅させるんだ?
The rich man's wealth is in the city
裕福な人達は街で健康的に暮らしてる。
Destruction of the poor is his poverty
貧乏人が貧しいことが、さらに彼らを破滅させる。
Destruction of your soul is vanity
心が破壊されることはむなしい。
Do you hear?
聞こえるかい?
I and I, I wanna rule my destiny
俺は、俺の運命に従いたいんだ。
I and I, I wanna rule my destiny
俺は、俺の運命に従いたいんだ。
Destiny, mama look from when you call me
運命だ。ママが俺の名前を呼んだ時から。
Destiny, mama look from when you calling
運命だ。ママが俺の名前を呼んだ時から。
I wanna rule my destiny
自分の運命に従いたいんだ。
Yeah, yeah, oh, help I please, Jah Jah, mek mi rule my destiny
イエー、イエー、オォー, 助けてください。
神様が運命へと導いてくれる。
I've been blessed I've been touch, I love Jah so much
神様は常に支えてくれるし、いつもそこにいるし、とても愛している。

They keep fighting me I'm not giving up
いつも試練を与え続けるけど、俺は絶対諦めないよ。
May the realms of Zion fill my spiritual cup
ザイオンの大地が俺の心を満たしてくれるだろう。
Wisdom overstanding must never be too much
知識を詰め込んで多すぎることは無い。
Give I protection Day and night
俺が守ってあげるよ。昼も夜も。
from even the pestilence that war get a daylight
たとえ昼間から戦争が起きるほど世の中が狂っていたとしても。
Destiny, mama look from when you call me
運命だ。ママが俺の名前を呼んだ時から。
Destiny, mama look from when you calling
運命だ。ママが俺の名前を呼んだ時から。
I wanna rule my destiny
自分の運命に従いたいんだ。
Yeah, yeah, oh, help I please, Jah Jah, mek mi rule my destiny
イエー、イエー、オォー, 助けてください。
神様が運命へと導いてくれる。
Cast away their cords from us
あいつらとの線を切り離せ。
You have them in the region in the valley of decision
あいつらと同じ地域で過ごすことは、大変な決断だ。
Restraining the heathen with a rod of iron
鉄の棒を持った異教徒達を禁止する。
You know not the destiny of a next man
わかるだろう。君の隣の人は運命の人じゃない。
Why hold him set him free too long
何でいつまでも彼を自由にさせとくんだ?
I and I, I wanna rule my destiny
俺は、俺の運命に従いたいんだ。
I and I, I wanna rule my destiny
俺は、俺の運命に従いたいんだ。